くらげになりたい。

くらげのようにふわふわ生きたい日曜プログラマなブログ。趣味の備忘録です。

SPAなNuxtアプリをFirebase HostingからNetlifyに移行してみた

Netlifyがいいと聞いて、Firebase Hostingから移行してみたときの備忘録。

NetfilyのプレレンダリングがあるのでOGP芸が楽。
昔、こんな記事を書いたけど、Functionsで頑張らなくてもよくなった。

使ってみてよかったので、移行したときにやったことをまとめてみる。

移行するときにやったこと

nuxt.config.tsなどの変更

1. Nuxtなどの公式サイトを見て設定

Firebase Hostingで設定したのとかぶっているところもあり、nuxt.config.tsは変更なし。

参考: Netlify へデプロイするには? - NuxtJS

2. _redirectsファイルの作成

Netlifyでは、index.html以外は404になるので、
SPAの場合はstatic/_redirecsというファイルを作成して、
以下の内容を記載しておく。

/*    /index.html   200

参考] Rewrites and proxies | Netlify Docs

3. Netlify側の設定

あとは、Netlifyにアクセスして、 「SPA モードで生成されたサイトの場合」にも書いてあるとおりの内容をNetlifyの設定に入力すればOK。

迷わなければ、5分くらいでできて、masterにpushと更新される(´ω`)

プレレンダリング

ベータ版だけど、Netlifyでプレレンダリングしてくれる機能がある。

この記事に書いてある感じで、
「FunctionsでheadだけのHTMLを生成→リダイレクト」
としていたのが不要になる感じ。

Netlifyの画面で設定

設定は簡単で、Netlify上で設定画面で有効化すればOK。
参考: Prerendering | Netlify Docs

その他の修正点

あとは、以下の修正。

  1. OPGのためにrouterでリダイレクトしていた設定を削除
  2. 各ページでメタ情報を適切になるように変更

また、上で書いたとおり、static/_redirecs

/*    /index.html   200

これを設定しておかないとボットがアクセスしたときに404になってOGPがでない。。

(これに気づかずかなりハマった。。)

小ネタ: プレレンダリングの結果を確認する

プレレンダリングするかどうかは、UAを見て判断しているらしく、

curlだとこんな感じで、-A twitterbotを指定するとよい。

$ curl -A twitterbot https://example.com/hoge/fuga -o fuga.html

参考: [Common Issue] Understanding and debugging prerendering

毎回、Twitter Card Validatorで確認するのはめんどくさいので、この方法だと便利。

ページが存在しないURLの対応

積読ハウマッチでは、少し特殊なことをしていて、
一部のURLはheadだけのHTMLしか存在しないページがいくつかある。

なので、その部分を修正していく。方法としては以下の感じ。

  1. nuxt.config.tsでrouterに、クエリパラメタ付きでリダイレクトを追加する
  2. asyncData()でクエリパラメタを受け取り、created()で削除

動的なサイトマップの対応

書籍やユーザのページなどは日々増えていくので、
サイトマップも動的に生成するようにしている。

Hostingの場合はFunctionsを呼び出せたけれど、
Netlifyに移行すると、それができないので対応が必要。

netlifyの_redirectsを使って直接Functionsへリダイレクトする方法で対応した

こんな感じで各URLを該当のFunctionsにリダイレクトさせておく。

/sitemap  https://us-central1-<project-id>.cloudfunctions.net/sitemap
/*        /index.html   200
sitemap-moduleだとダメだった...

sitemap-moduleで動的なページの対応方法も乗っているが、
SPAなのでgenerateされてしまう...

カスタムドメインの設定

Netlifyの設定画面に従い、カスタムドメインを設定していく。

ALIASを設定するようにいわれるが、
お名前ドットコムはALIASを設定できないらしいので、
NetlifyのDNSを使う形で対応

参考にした記事でも書いてあるとおり、
Aレコードでもできるが、CDNを活用できないらしいので同様の対応

あとは、設定画面にも書いてあるとおり、
*.netlify.comから設定したドメインへリダイレクトを追加しておく。

https://tsundoku.netlify.com/* https://tsundoku.site/:splat 301!
/sitemap  https://us-central1-<project-id>.cloudfunctions.net/sitemap
/*        /index.html   200

これでリダイレクトされるようになるので、あとはDNSの反映を待てばOK!

以上!!

参考にしたサイト